幸運を呼ぶ間取り

家の中心である太極が定まり、方位が確定したら、部屋の配置をよく見てみましょう。家のどのパーツも最大吉(生気方位)だと良いように思えますが、実はそうではありません。また吉凶だけでなく、各パーツと八遊星との相性も重要です。

八宅風水では、玄関寝室キッチンを、家の中でも特に重要な場所として考えます。この3つを押さえれば幸運な間取りの家になります。

まず、玄関寝室は、必ずあなたの吉方位にあるようにします。玄関は、運気を取り入れる入り口ですから、吉のよい気を入れるため、ぜひ吉方位に。寝室は、家の中で最も長時間いる部屋として重要です。眠っている間に、その場所の気をどんどん体に取り入れるのですから、寝室もぜひ吉方位にあるようにしたいもの。

キッチンは家の凶を燃やす場所です。キッチンは、玄関寝室とは逆に、凶方位にあるとよいのです。

もし、玄関寝室が凶方位で、キッチンが吉方位にあるなど、理想と逆の場合には、「化殺」(方位の悪影響を抑えること)が必要です。化殺の方法は、本命卦によって変わります。


このページの先頭へ