五行を用いて化殺しましょう

幸運を呼ぶ間取り」では、どの方位にどのような部屋があればいいのかについてお話しました。しかし、実際に間取りが理想的な配置の家や部屋はそうそうないと思います。

そのような場合の対処法として「化殺」という方法をとります。これは、吉凶方位の五行相生・相克することで強めたり弱めたりして、凶意を減らそうという考えです。

前にお話ししたように、「五行」とは「木・火・土・金・水」のこと。宇宙に存在する万物は、この五行のどれかの性質を持っていると考えられています。

」の8タイプの本命卦にもそれぞれ五行があり、「北・南・東・西・北東・南東・南西・北西」の各方位や、「生気天医延年伏位絶命五鬼六殺禍害」の八遊星にもやはり、それぞれ五行があります。

[本命卦の五行表]
[方位の五行表]
北東
南東
南西
西
北西
[八遊星の五行表]
生気
延年
天医
伏位
絶命
五鬼
六殺
禍害

化殺の法則は、キッチントイレなど凶方位にあるべきスペースが吉方位にある場合、その方位の「八遊星五行」を用いて方位のパワーを強めます。生気伏位は「木」、天医は「土」、延年は「金」のアイテムとなります。

反対に、玄関寝室など吉方位にあるべきスペースが凶方位にある場合はやや複雑で、本命卦五行と方位の五行の関係を判断し、そこに新たな五行を加えることで、方位の凶作用を弱めることができます。

あなたがどの五行を加えれば良いかは、以下に示してある各本命卦のところを見てください。ただし、化殺はあくまでも応急処置的なものです。本来はその方位に合った使い方をするのが原則です。これから家や部屋を選ぶ場合は、なるべく化殺しなくてよい物件を選び ましよう。


このページの先頭へ