イメージ画像

中国伝統風水。
それは中国四千年の叡智の結晶。

本当の風水を生活に取り入れよう

かの荒俣宏さんが、風水ブームのきっかけとなる著書『風水先生 地相占術の驚異』を世に出してから、20年以上が経過しました。

この間、風水師と名乗る多くの人が開運法を携えてメディアに頻繁に登場し続け、今では幸せを呼ぶテクニックとしてすっかり定着した風水ですが、その本当の意味や効果的な技術は、実はまだほとんど知られていません。

現在、知られている風水は、ラッキーカラーを身につけたり、どこそこの方位に何々を置くと簡単に強運になれるというようなお手軽なインテリア開運法だと誤解されているようです。

また、"西に黄色いもの"を置いたり、"黄色い財布で金運アップ!"など、誰もが同じ方法で開運できると考えられているようです。これは、風水発祥の地・中国で実践されている本物の風水とは、根本的に異なっています。

なぜなら本来の風水は、まず人と家の相性を占い、その相性で開運効果はほぽ決まってしまうものだからです。間取りやインテリアの配置、ラッキーカラーなどの開運アイテムだけでは、それほど大きな効果は望めません。

また、そこに住んでいる人の生年月日が異なれば、対処法も全然違ってきます。誤ったテクニックを実践すると、かえって運気を下げることになりかねないのです。

というわけで、このサイトでは、中国伝統風水の中でも最もポピュラーな「八宅(はったく)風水」を主に取り上げています。八宅風水は昨今、中国・台湾・香港・韓国・シンガポールなどの風水先進国はもちろん、欧米でも多数の支持を得ています。

この八宅風水は、いうなれば風水の基本であり、風水師の常識なのです。中国伝統風水を実践することで、皆さんの生活がよりハッピーになることを願っております。

このページの先頭へ