仕事で成功したい!

仕事運は、あなた自身がどのような能力を発揮できるかにかかっています。

基本は吉方位を使うことですが、職種ごとに若干異なってきますので、自分の職業に合った方位を選びましょう。

いずれも、一番優先したいのは"ベッドの方位と枕の向き"、次に"ダイニングテーブルの方位と食事する向き"です。玄関が吉方位にあるのはもちろんのことです。

また、職場においては、オフィスの中心から見て、自分の本命卦の吉方位にデスクを置くか、吉方位に顔が向くように座るのがベストです。

いずれも不可能な場合は、オフィスの中心から見た吉方位で昼休みを過ごす、パソコンの向きを調整して身体や顔の向きだけでも吉方位へ向ける、机の上の電話を自分が座っている位置から見て吉方位に置くなど、できる範囲で吉方位に向くように努力してみましょう。

なお、机の位置が凶方位にある場合は、その方位に適したラッキーカラーやアイテムなどを使い、化殺するようにしましょう。

セールス・営業

セールスや営業など、体力と気力が必要であり、積極性が勝負を分ける職種は、なんといっても生気方位です。持久力を維持して、毎日明るくさわやかにあいさつをするためには、基本的に元気でなければ無理です。

生気方位を使うと、お金はたくさん入ってきますが、必要なことにお金を使うことを惜しまなくなりますから、対外的な仕事をしている人は、相手から喜ばれるようになります。

経理・事務

デスクワークが多く、気遣いが必要な仕事には、延年伏位方位を使います。忍耐強く地道に仕事に取り組めるようになります。パソコンを使い過ぎて疲れているときなどは延年方位で寝るようにすると良いでしょう。

コーディネート・コンサルタント

人と人とのコネクターとなるコーディネイター業やコンサルタントの仕事は、延年方位を使います。この方位を使うと、穏やかさと根気をもちつつ、相手の話を聞いて調整していくことができるようになります。

クリエイティブ・企画

発想や企画に関する仕事は吉方位ならどこでも良いのですが、とにかく勢いを得たいときは生気方位、コミュニケーションに関することなら延年方位…といったような使い分けができるとなお効果的です。

ただし、家や仕事場のデスクの方位だけは文昌方位を使うようにしましょう。この方位で読書をし、仕事をすると頭脳が明晰になり、良いアイデアが浮かびます。また、文章や芸術といった文化方面で功名と財を得ることができるようになります。

さらに能力をアップしたい人は、毛筆を四本と、紫水晶(アメジスト)の六角柱を机の上に飾ってみてください。

カウンセラー・医師・看護師・ヘルパー

治療に関する職業の人は、天医方位を使いましょう。天医方位のエネルギーを充分に浴びて自分がまず休息します。癒しのエネルギーを与えられるので自分自身が安らぎ、人にもエネルギーを分け与えられるのです。

主婦

主婦は、伏位方位を使います。毎日の生活を大切にするようになり、地に足が付いた堅実な暮らしができるようになります。主婦が堅実になることによって、家庭が円満になります。

スポンサーリンク

このページの先頭へ