「相生・相剋」とは?

陰陽」と同じく、「五行」もまた相互作用を繰り返しています。相互作用には二つの法則があります。ひとつは、互いが相乗効果で良い相性を生む「相生(そうじょう)」、もうひとつはお互いに力を弱め合う「相剋(そうこく)」です。

「相生」は創造のサイクルで循環します。「木をこすりあわせると火が生まれる → 火は燃えて土に還る → 土の中から金が生まれる → 金を冷やすと水が生まれる → 水は木を育てる…」となります。生じられる五行は強くなりますが、生じる五行は自らのエネルギーを消費するために弱くなります。たとえば、「」と「」の関係では、生じられる「」は強くなりますが、生じる側の「」は弱くなってしまいます。

相生

「相剋」は破壊のサイクルで循環します。「木は土から養分を得る → 土は水の流れをせき止める → 水は火を消す → 火は金を溶かす → 金属は木を切る…」となります。相剋の関係では、どちらの五行も弱くなります。剋す側の五行はやや弱くなる程度ですが、剋される五行はかなり弱くなります。たとえば、「」と「」の関係では、「」も「」によって蒸発してしまうので、多少弱くなりますが、「」は「」によって消されるので完全に弱くなります。

相剋

風水では、この二つの法則を使って、家の中のバランスを保つことがポイントになります。たとえば、あなたにとって西が凶方位だとしたら、西の五行は「」なので、ほかの五行を使って「」を弱めればいいのです。普通に考えると、「」を使って、直接「」を剋す方法が手っ取り早いように思われますが、相剋でぶつかり合うと、どちらの五行も消耗して弱くなると考えます。この場合は、「」が生じる「」を使って、「」の勢いを弱める方法を用いるのが一般的です。

ただし、この関係を用いると、本命卦自体の五行を弱めてしまうことがあります。たとえば、本命卦五行が「」である「」の場合。五鬼方位の東「」を化殺するときに通常どおり「」を使うと、「」と相剋の関係にある本命卦」のパワーまで弱まってしまいます。この場合は例外として、「」を使って直接「」を剋す方法を用います。

次は「八卦」について学びましょう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ