歯が抜ける夢

歯が抜ける夢は、昔から不吉なものとして忌み嫌われてきました。なかでもこれを身内の死と結びつける解釈は世界的なもので、今でも夢占いのなかに厳然と生きています。

これは、口を一軒の家とみなし、その中に並ぶ歯を家族とする考えからきたもので、歯が抜けるのは家族のだれかが抜けること、つまり死を表しているというわけです。

しかし、実際には、歯が抜ける夢を見たからといって、それがただちに家族の死を引きおこすことはほとんどありません。的中するのは、家族に重い病人がいるような場合にかぎられます。だから、もし歯を家族と結びつけるのなら、それが抜ける夢は、家族のだれかがいなくなってほしいという願望なのだと考えたほうが自然でしょう。一家にもめごとがあり、家族間のつながりがバラバラになっているようなときにも、歯がゆるんだり抜けたりする夢を見ます。

歯を家族とみなす診断では納得いかない場合は、歯のもう一つの意味である怒り、攻撃力という面から当たってみてください。これだと、歯が抜けるのは、怒り、攻撃力の低下ということになります。歯を抜かれる夢も同様で、"牙を抜かれる"ことを意味し、医者に抜かれる夢などはその典型といってよいでしょう。

また、歯が抜ける夢は健康の低下とも関係があるらしく、食事中に抜けたり、年老いて抜けたりす夢を見たら、病気に注意しなければなりません。ただし、子供時代に歯が抜ける夢は、乳歯から永久歯への生えかわりの意味が強く、成長へのステップとみなすことができます。


このページの先頭へ