夢診断

夢は多面的なものですから、この夢を見たからこの意味というような一義的な診断は夢の豊かさを失うことになります。したがって、夢を一義的に理解しようとしないで、夢を充分味わうこと、夢を何度も経験してみることが大切です。

例えば、空に浮かんだ雲が何かの形に見えると、そのようにしか見えなくなるものですが、雲は見る人によって、その人が置かれている状況によって見え方は変わり、雲そのものも少しすつ変化するので、時間がたてば違ったように見えるものです。

私たちは夢を見るとすぐにその意味を知りたくなりますか、もともと夢は理解しがたいものであり、無意識からのメッセージはすぐに理解できるようなものではないので、ゆっくり時間をかけて味わうような態度が望ましいです。

夢を見る方法

私たちは誰しもが一晩に四~五回の夢見を経験しているとすると、私たちは大半の夢を忘れていることになります。

いつも夢を覚えている人もいれば、一つも夢を思い出せない人もいて、なぜ人によってこうも違うのかという疑問が起こります。夢が忘れ去られてしまうことについては、いくつかの理由が考えられます。

まず、夢には日頃気づきたくないと思っている過去の経験が現れやすいものです。もし私たちが、気づくと不快な気持ちになる経験を心の内に秘かに持っているなら、夢はそのような経験を何らかの形で表現している場合が多いです。

それゆえ、思い出すと不快にさせられる夢は抑圧されて忘れ去られる方が私たちにはつごうよいのです。

また、夢を忘れてしまうのは、私たちが自分の夢見の過程に日頃から充分な注意を払っていないからです。夢に興味をもって、夢を記憶しようとすれば、一週間にいくつかの夢を思い出すことができるはずです。

このように考えると、いつも夢を覚えている人は、夢に興味があるか、夢に何か不安を感じている人なのだということがわかります。

そこで、夢を覚えておくために考えられるいくつかの工夫をあげておきましょう。まず、眠るときは、何かいい夢が見られますようにと願いながら静かに眠ることです。自然でゆったりとした姿勢で眠るとよいでしょう。

次に、朝目覚めるときにどのように起きるか、その方法が夢を覚えておくことに効果を与えます。もし、私たちが朝起きてすぐに注意を外のことに向けると、悪夢のような強烈な夢でなければ、夢を思い出すことは難しいでしょう。

数分でもいいから、自分の気持ちを夢を思い出すことに向けると、夢を思い出すのに大いに助けになります。

どんなささいな視覚的情報あるいは筋肉活動でも、それが新しい強い印象として意識にもたらされると、夢見の間に得た微妙な印象を消し去ってしまいます。それを避けるためには、目を開けないで、からだの状態をそのままにして、夢をゆっくり思い出すとよいでしょう。

現実の生活に忙殺されている人、いつも朝とび起きないと遅刻してしまうような人は、夢を見る余裕さえないのです。

夢は水面に浮かぶ月影のようなものであり、何もしないで見ているとくっきりとそこに見えるのですが、それをつかもうとするとすぐに形が崩れてしまい、ばらばらになってしまうのです。

夢はまさにはかないものなので、夢見とそれを記憶する間に時間が経過すると、多くの夢はばらばらになるか、失われて忘れ去られてしまいます。

それゆえ、夢を覚えておくつもりなら、ベッドの側にボイスレコーダーを置いておくか、紙に書き留めるなど、何らかの方法ですぐに夢を記録しておく必要があります。

なかなか寝つかれない時や何度も寝ている途中に目が覚めてしまう場合は、眠りか浅く、意識状態に近い眠りなので夢を記憶しやすいかもしれません。

また、ちょうど夢を見ているときに何かによって目覚めさせられると、夢見と目覚めの間隔が短いので、夢をよく覚えているのです。

それゆえ、夢を覚えておくための一つの方法は、自分がいつも起きる時間の少し前から、やさしい音色の目覚しをセットしておくことです。

明け方には比較的長い夢見の時期(レム睡眠)があるので、夢を覚えておくつもりでこの時期に目覚めると、その目的が達せられることが多いです。

夢を記録する

夢を覚えていても、それを記録して残しておかないと、時間がたてば夢はぼやけてくるものです。夢を記録するためには、いつも枕元にノートと筆記用具を用意しておくことです。

夢の記録のためにわざわざ新しいものを用意するより、いつも使いなれているものを使う方がよいでしょう。

夢を見たら寝床に入ったままの状態で記録できるように、電気スタンドか懐中電灯を用意しておきます。

夢を記録するために起き上がると夢が消えてしまったり、何もかも書こうとして頑張るとそのまま眠れなくなって寝不足になってしまうので、要点や鍵となる言葉だけを書いて、眠気のあるうちにまた眠るとよいでしょう。

そして朝起きたら、できるだけ早い時期に、できたら寝床に入ったままで、メモしておいた記録をもとにできるだけ詳しく、見た夢をそのままに記録しておきます。

あまり時間をおきすぎると、思い出すのが難しくなるか、忘れてしまって、せっかくのメモも役立たなくなります。

メモを手がかりに夢を思い出すときに注意しなければならないことは、はっきり思い出せないことはそのままにしておくことです。無理につじつまを合わせようとしたり、筋を作ろうとして意識的に夢を作り変えないことです。

また、単純な夢でも無視しないでそのまま記録しておきます。なるべく意識的な選択や改変をしないで夢をそのまま記録するようにしたいです。

このような作業はけっこう時間がかかるので、朝に時間の余裕のない人は、少し余裕をもって起きるように努める必要があるでしょう。

夢を記録したら、日付を書いておきます。一晩にいくつかの夢を見た場合には、見た順に番号を付けておきます。そして、夢のテーマ、夢の内容について思いつくこと、連想することや感想を書いておきます。

ただし、これらのことを最初から完壁にやろうとしないことです。あまり夢の記録にこだわると睡眠のリズムが狂い、現実生活のリズムもおかしくなるので、最初はうまくできなくても、そのうち慣れて自然にできるようになるまで続けてみることです。

自分にとって大切な夢は、こちらに待つ気持ちがあればむこうの方からやってくるものです。

夢診断の方法

夢診断の方法を学ぶのは、難しいクロスワードパズルを解くのに似ています。

問題の本質を簡単にすばやくとらえることのできる性格の人もいれば、どうしてもうまくとらえることができない、と感じる人もいます。

いずれにしても、緊張すると事態はますます悪化してしまいますから、リラックスした気持ちで夢を診断しようとすることが大切です。

リラックスする方法を学ぶ

もし、あなたがささいなことまで気になる性格で、夢診断がうまくできないために、すぐにイライラしてしまうなら、まず自分なりにリラックスする方法を学ぶことから始めましよう。

夢の分析作業は、現実の世界の騒音から離れ、家でひとりになれる場所でじっくりととりかかるようにしなくてはなりません。

おもしろい夢を見て夜中に目覚めたときも、簡単なメモをとった後、それをすぐに「どんな意味があるのだろう」と分析しようとしてはいけません。

夢を素直に受け入れる

夢診断では、夢を素直に受け入れ、夢が言おうとしていることに逆らわないようにすることが大切です。

いやな夢はいろいろな形でくり返し現れてきますが、覚えておいてほしいことは、夢が伝えようとすることを無視するのは、すなわち自分の内部にある本質を否定することになる、ということです。

夢は自分の心の最も奥底にある姿を写し出しますが、しつけや教育、社会的環境などから作られた自分の意識は必要以上にそれを否定しようとします。

ユングは次のように言っています。

「夢には内面の真実と現実がそのままの姿で写し出されている。私がこうだろう、と推測したものではなく、(夢を見た本人が)こうあって欲しい、と望んだものでもなく、あるがままの姿なのである」

ですから、夢が自分の本質に反しているように思えるからといって、夢の表面的な意味から目をそらしてはいけません。

全体を最後まで通して見て、どんな夢なのかを確実にとらえた、と確信してから、次にその夢が何を伝えようとしているのかを深く考えるようにしましよう。

夢が伝えようとするものは、夢が直接表現しているものとは異なっているかも知れません。たとえば、夢のなかであなたは連続殺人鬼になるかもしれません。

けれどもそれはあなたが人殺しであるとか、大勢の人を殺すことができる人間である、と言っているわけではなく、自分の性格や特徴に嫌なところがあって、それをなくしてしまいたいという思いで心が乱れていることを意味しているのでしょう。

夢診断を始めたばかりのときは、思ったよりも簡単に感じられますが、次第に困難な作業になっていくでしょう。それは、夢の方でもその真の意味の隠し方がうまくなるため、意味をとらえることがどんどん難しくなっていくからです。

これはだれでも経験する問題で、まず第一に夢がその真の意味を隠そうとすることにその原因があります。夢は私たちがその意味を分析しようとしていることをその追求の手を逃れようと必死の努力をするのです。

このことは、実際に夢診断がうまくいっている証拠でもあります。すぐに意味がわかってしまう夢に比べて、「難しい」夢の方が重要である場合が多いからです。

内面の生活

夢がはっきりしないのは、実際の生活とは無関係に見えるばかりでなく、内面の生活、つまり起きている間はほとんど意識しない生活のことに触れているからです。

夢は、目覚めているときの罪、愛、抱負、失敗、問題、喜びなどから単純に生まれるものではありません。夢は荒々しい空想、わずかに残る動物的な本能、自分では気づかない信念、自分でも意識しない恐怖などに関連しています。

また自分自身の気付かない心の領域にも関連しています。私たちの心は氷山のようなもので、自分で意識している願望や恐怖は全体の10分の1程度にすぎません。残りは表面から隠れた無意識のなかに潜んでいて、夢はそのどちらにも関連しています。

夢の表面的な「意味」から目をそらしてはいけないもうひとつの理由がここにあります。

夢診断に必要な手順

夢がもたらす意味を探るために必要な手順をいくつか述べてみましょう。

1.夢の筋書き

夢は劇的構成をもち、一つのドラマになっているので、そのあらすじをつかむようにします。そして、そのあらすじが示すテーマ、例えば「逃避」「対決」「救済」などについて考えてみます。

2.夢の背景

夢の場面や状況、そこに現れる事物について考えてみます。夢の背景や場面は夢のテーマの枠組を示す場合が多いです。

3.夢の登場人物

夢に現れる人物やその役割、動物や生き物について連想してみます。人物や動物は自分の心の内面を表していると考えるとその意味が理解しやすくなります。

4.夢の中の行動や動き

夢の中で表現される行為や行動、動きの意味を考えます。

5.夢の中の感情

夢の中の事物、人物や動物が何を象徴しているか考えてみます。その場合、神話や昔話などに表現されている象徴的な意味が参考になります。

また、夢にはいくら考えてもわからないものが現れたりするものですが、なぜそんなものが現れたのか、なぜそんなことをしたのか、「なぜかわからない」ことが何を象徴しているかについて考えてみます。

このような手順で、現実的な側面と内面的な側面の両方から夢についていろいろ考えてみることです。さらに、夢を対象化しないで、夢の中に入って感じてみることも大切です。

また、いくつかの夢をシリーズと考えて、そこに何らかのテーマか示されていないか考えてみます。夢の言葉、例えば名詞、動詞や形容詞などに着目すると、そこに一貫したテーマが示されていることもあります。

しかし、いくら努力してもなかなか意味のつかめない夢は、無理に診断しようとしないで、わからない夢はわからないままにして、夢が新たに展開するまで待ってみることが大切です。

スポンサーリンク

このページの先頭へ