タロットカードの意味

0 愚者(THE FOOL)

愚者

キーワード ―― 「可能性」「0(ゼロ)からの出発」
愚者はこれから人生の旅に立つところです。この若者は赤子のように清らかで無邪気で、これから出会うであろう試練や落とし穴に対して、すべて無知で恐れを知りません。ただ、これからの可能性に満ち満ちています。0(ゼロ)無からの出発ではありますが、愚者はありとあらゆるものを一度手に入れてから、それをそのまま宇宙に帰した男であって、得体の知れない偉大さをも秘めているのです。

Ⅰ 魔術師(THE MAGICIAN)

魔術師

キーワード ―― 「すべての始まり」「知識」
魔術師は、宇宙の偉大なるパワーと超意識を探究する永遠の求道者彼のもつ棍棒は物事を創造するパワーの象徴であり、テーブルの上に置かれている道具類は、この世のすべての物事をあらわしますつまり、魔術師は自分の意志と知識で、人生を切り開いていくことができることを示したカードなのです。

Ⅱ 女教皇(THE HIGH PRIESTESS)

女教皇

キーワード ―― 「知性と慈悲あふれる女性」
女教皇は、エジプトの女神ハトホル、ギリシアの女神アルテミス、ローマ神話のダイアナ、または聖母マリアといわれます彼女は"トーラ"という書物をもっていますが、これは神秘の書物であるために、誰ものぞき見ることはできませんやさしい女神が知識を司るこのカードは、知性と慈悲がバランスよく存在することの大切さをあらわしています。

Ⅲ 女帝(THE EMPRESS)

女帝

キーワード ―― 「豊かさ」「調和」「母性」
この女帝はエジプトのイシスであるとも、ギリシアのデメテル、またはヴィーナスであるともいわれていますどれも生産や万物豊穣の象徴である女神です優しさ・平和・幸福・結婚・出産など、母性が生み出すであろうすべてのものを司る者なのですしかし同時に、女性的なわがままや迷いなどももち合わせています。

Ⅳ 皇帝(THE EMPEROR)

皇帝

キーワード ―― 「リーダーシップ」「力」「権威」
皇帝は、女帝の夫であり、神話に当てはめるとエジプトのオシリス、ギリシアのジュピターに当たります"Ⅳ"の数はこの世をつくる火地風水の四つの要素であり、もっとも安定し完成された王国を意味するのですこうした物事をつくり出す男性的なパワーを象徴する皇帝はまた、男性としての横暴さをも秘めているのです。

Ⅴ 法皇(THE HIEROPHANT)

法皇

キーワード ―― 「伝統」「よいアドバイス」「援助」
皇帝が現世的な力をあらわしているのに対して、法皇は精神的な権威を象徴しています。法皇は神の代理人として、人々を正しく導き精神的な安らぎを与える役目をもっていますが、その教えは大衆向きのオーソドックスなものであり、女教皇がもつ秘密の奥義とは性格を異にしているのです。

Ⅵ 恋人(THE LOVERS)

恋人

キーワード ―― 「調和」「ひらめき」
このカードに描かれているのは、ヘビに誘惑される前の汚れないアダムとイブだといわれています。これは男性的なエネルギーと女性的なエネルギーが調和していることをあらわし、心が通い合うものの幸いを象徴するカードです。しかしそのいっぼうでは、恋人にはまだ多くの選択が残されており、常にゆれ動いている不安定さもおのずと出てくるのです。

Ⅶ 戦車(THE CHARI0T)

戦車

キーワード ―― 「勇気と力」「勝利」「パイオニア」
孤独や嵐の原野をものともせず、あらゆる障害を克服していく若者を象徴するのが、戦車のカードです。戦車を駆っているのは、栄光と勝利を手にした若き戦士。よろいや剣によってあらわされる下等な力をその高潔な精神でコントロールしていますが、それができなくなると勇気はすぐに無分別というものに姿を変えてしまいます。

Ⅷ 力(STRENGTH)

力

キーワード ―― 「愛の勝利」「誠意」
女性が武器をもたず、ライオンを手なずけている絵が描かれたこのカードはそのまま、愛と誠意が本能や物質を服従させたことをあらわしています。本当の力とは勇気と忍耐、また愛によって統御され、完全なものになるということを象徴するカードなのです。

Ⅸ 隠者(THE HERMIT)

隠者

キーワード ―― 「知恵」「真実への希求」
マントを着てランプを手にした隠者は、精神的暗黒を照らしながら、光を求める人々を助けに行こうとしていますこのカードの番号のⅨは奥義伝授の番号であり、迷いや争いをなくすには、人がこの奥義を理解して心に知性の明かりを灯すしかないのです。

Ⅹ 運命の輪(WHEEL OF FORTUNE)

運命の輪

キーワード ―― 「運命の上昇と下降」「幸運」
Xは宇宙のすべてを意味する数であり、運命の輪はその宇宙の法則を示すものです人生の上昇と下降、原因と結果、作用と反作用――人間には次に幸運がくるのか不運がくるのかはわかりませんが、運命は音もなく静かにまわっているのです運命の輪がまわっているかぎり、私たちには永遠の幸福も、そしてまた永遠の不幸もありません。

XI 正義(JUSTICE)

正義

キーワード ―― 「バランス」「正直」「宇宙の法則」
このカードに描かれているのは、ギリシア神話の正義の女神アルテミスです。アルテミスは裁きと、忠告を与える神であり、左手に黄金のはかりをもって、つねにバランスのとれた判定をしようとしているようです。XIは新しい始まりをあらわす数であり、このカードは物事が新しい段階に来たことをも示しているのです。

XII 吊るされた男(THE HANGEDMAN)

吊るされた男

キーワード ―― 「忍耐」「試練」
一般に"自己犠牲のカード"とされているのが、この吊るされた男です。このカードの解釈の仕方はいくつもあり、一定した説は実はありません。しかし、人生の中にはこの吊るされた男のように、自分の力ではどうすることもできない状況に陥ることがあり、人間がその中から新たな自分に生まれ変わるということをあらわすカードとして親しまれているのです。

XIII 死神(DEATH)

死神

キーワード ―― 「死と再生」「変化」
創造と破壊、生と死はつねにいっしょにいる双子の兄弟のようなもの。死神はすべての形あるものには終わりがあることを示していますが、終わりがあるからこそ、新しいものの誕生もあるわけですこのカードは死と生、古いものと新しいものとの絶えまない転換を意味するカードなのです。

XIV 節制(TEMPERANCE)

節制

キーワード ―― 「調整」「中庸」
大天使ミカエルが左手のカップから右のカップへ生命の水を注いでいる絵柄のカードが、節制のカードです。この姿は、物質と精神、感情と理性という相反するものを、ひとつにまとめようとする気持ちをあらわしているのです。平凡に見えながらも、中庸であることがいかに困難であるかを物語っているようです。

XV 悪魔(THE DEVIL)

悪魔

キーワード ―― 「誘惑」「欲望」
中世のヨーロッパでは、山羊はもっとも悪魔に近い動物と考えられていました。そのため、悪魔のカードには山羊の角をもつ両性神バフォメットが描かれているのてす悪魔の前には、男女が鎖でつながれていますが、これは彼らが物質のとりこになっていることを意味しているのです。しかしこの鎖はゆるく、自分の意志でぬけ出すことは可能なのです。

XVI 塔(THE TOWER)

塔

キーワード ―― 「破滅」「思いあがり」
落雷によって崩されるこの塔は、野心と意志の悪用によって建てられたバベルの塔です。誤った基礎の上に建てられたものは、このように神の稲妻で破滅され、もう一度建て直されなければなりません。このカードは、人間が科学の力や経済力でなんでもできると思い上がったときに、思いがけない罰が下ることを示しているのです。

XVII 星(THE STAR)

星

キーワード ―― 「希望」「健康」「チャンス」
このカードに描かれているのは、真実をあらわす裸体の乙女が、二つの壺で地上に水を注いでいる姿です。水は世界を再び生き返らせるためのものなのです。乙女の頭上に輝く星は、東方の三博士をキリストのもとへと導いた星。星は天上の花であり、それを仰ぐ人間の心にどれほどの影響を与えたかしれません。

XVIII 月(THE MOON)

月

キーワード ―― 「迷い」「ごまかし」「不安」
満月、半月、新月が地上を眺めていますが、この月の象は人間の身体、心、精神をあらわしています月は古来から人間の心に直接語りかけてくる力をもっていましたそしてその早い満ち欠けの様子から、あいまいな状態や心の不安のシンボルとされてきました。このカードは、見かけだけを重視した、知力に欠ける生活を警告したものでもあるのです。

XIX 太陽(THE SUN)

太陽

キーワード ―― 「生命」「達成」「結婚」
地上のあらゆる生物に光と熱を与え、万物を育む太陽、その力とエネルギーはとてつもないもので古来、太陽は生命のシンボルとされてきましたこのカードに描かれている子どもたちは太陽神アポロンの子どもたちで、生命の証、輝かしい未来の象徴です。太陽は人間の永遠のあこがれなのです。

XX 審判(JUDGEMENT)

審判

キーワード ―― 「精神的な目覚め」「復活」
最後の審判をあらわすカードです。大天使ミカエルが吹き鳴らすトランペットの音は、人間を地上の拘束から解放する福音です。死んだ者さえもよみがえり、人々は最後の試験を受けますここで、よき行ないをした者は幸運を授かって二度生まれ、悪しき行ないをした者には審判が下るのです。

XXI 世界(THE WORLD)

世界

キーワード ―― 「完成」
世界のカードには、だ円形の花輪の中で踊る女性が描かれています。この花輪は月桂樹の葉でつくられた勝利者の飾り、すべてが調和してひとつの世界が完成したことへの、宇宙の歓喜をあらわすものなのですついに完成したものは、しかしながら、今度は0(ゼロ)へと還り、またはじめからつくり上げなければならないのです。

このページの先頭へ