惑星宝石学

紀元前に編纂されたインドの聖典ヴェーダでは、宇宙も私たちの身体も、「地・水・火・風・空」の五大要素によって構成されていると説いています。このヴェーダの知識に基づいて、人と惑星と宝石の関係を知り、宇宙の本質や生き方を探究する学問が「惑星宝石学」です。

宇宙にある無数の星の中で、惑星宝石学において重要なのは、太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、ラーフ、ケートゥの九つです。 現代の天文学上では、太陽は恒星、月は衛星となりますが、ここでは惑星宝石学の考えに基づいて惑星と表記します。

また、ラーフとケートゥは、月の軌道と太陽の軌道が交わる点(交点)を表したもので、計算によって導き出された実在しない観念上の星です。ラーフは日食、ケートゥは月食を起こす惑星とされていますが、九つの惑星は実存する惑星ではなく、宇宙に存在する一種のエネルギー体としてとらえたほうがよいでしょう。

そして、それぞれの惑星に対応するパワーストーンが、惑星宝石学によって導き出されています。たとえば、太陽に対応するパワーストーンはルビー、月に対応するのはパールです。自分の惑星の石とされるパワーストーンを身に着けることによって、簡単かつ最も効果的に惑星のエネルギーを受け取ることができ、さらには、パワーストーンが人生の目的を叶えるための手助けをしてくれるというわけです。

人生のテーマや魂の向かう方向性というと哲学的に聞こえるかもしれませんが、そんなに難しく考える必要はありません。

人は九つの惑星の中から、一つの星を選択して生まれてきています。そして、それぞれの星に特徴があります。たとえば太陽ですが、惑星数智学では「1」という数字と対応します。この数字は、固有の意味や象徴するテーマを持っています。ヴェーダにおいて太陽は九つの惑星の中心であり、強烈なエネルギーを発しています。それは、生命にあまねく降り注ぐ光、つまり「愛」を象徴しているというわけです。また、月は数字の「2」と対応し、「謙虚」を象徴するというように、各惑星はそれぞれ意味を持っています。

この数字が持つ意味こそが、あなたが選んで生まれてきた人生のテーマとなるのです。

人生に影響を与える9つの惑星

1太陽9惑星の中心をつかさどり、父性や権威を象徴します。太陽の光線は、強い情熱や勇気を与えてくれます。
2月の光線は、精神と無意識レベルに影響を与えます。愛情、友情、奉仕などの感情がわいてきます。
3木星木星は、最も幸運な吉祥の星として扱われます。信仰心、サービス精神、慈愛の精神が豊かになります。
4ラーフラーフは正確には惑星ではなく、月と太陽の北の昇交点(※1)です。試練も耐え抜く強い精神力が与えられます。
5水星その動きの速さから、機敏さの象徴とされています。記憶力、論理性、賢明な判断を得ることができます。
6金星金星は愛を象徴する惑星で、母性をつかさどります。繊細さ、楽しさ、上品さ、芸術性を与えます。
7ケートゥケートゥも正確には惑星ではなく、月と太陽の南の降交点(※2)です。集中力が与えられ、創造的になります。
8土星楽観的で無責任な精神を正す、教師の役割をするのが土星です。誠実さを得て、正義感が豊かになります。
9火星権力、力、勇気の象徴です。火星の光線は、高いレベルでの精神性を求め、情熱、俊敏さ、勤勉をもたらします。

このページの先頭へ