書斎

書斎

机やパソコンなどを置いて、仕事や勉強、趣味などに没頭する書斎は、天医生気延年伏位の吉方位にあると集中力が高まり、能率が上がります。仕事上のアイデアが欲しい人は、思考力が養われる延年方位にレイアウトするといいでしょう。

それからもうひとつ、古くから中国に伝わる吉方位術「文昌方位」という方位を使うのも良いでしょう。これは学問・研究・学術・芸術・芸能・創作・読書などに最適な方位術です。

反対に、絶命五鬼六殺禍害の凶方位にあると、集中力がなくなって、いいアイデアも浮かばなくなります。仕事の手順も悪くなりますから吉方位に移すようにしましょう。それができない場合は、ラッキーカラーのカーテンやグッズ、ラッキーアイテムなどで化殺しましょう。これらは、子供の勉強部屋についても同様です。

また、部屋そのものだけでなく、机の位置や座る向きも吉方位になっていれば、知的能力が高まるので仕事などがはかどります。家の中心(太極)から見て吉方位に置くのが難しければ、その部屋の中心(小太極)から見て、吉方位の場所に置くこと。また、本棚や収納スペースを凶方位に置くと、凶作用が抑えられます。逆にパソコンやオーディオ、電話などは吉方位に置きましょう。

さらに、机は壁から離し、イスに座ったときにドアが見えて、かつドアの正面からずらした位置が良いでしょう。部屋やデスク周りは適度な明るさを確保して、仕事や勉強に集中できるようにしましよう。

スポンサーリンク

このページの先頭へ